日替わり NAT’s Champloo

音楽やライブ(HM/HRやボカロなど)、旅行など、ごちゃっとした日記

アルバム感想

DEMONS & WIZARDS「Touched by the Crimson King」

BLIND GUARDIANのハンズィ・キアシュとICED EARTHのジョン・セイファーによるプロジェクトの新作。ICED EARTHの曲は聴いたことないんだが、ジョンの高速で安定感のあるギターリフが魅力的。その上にハンズィのボーカルや分厚いコーラスが乗るというサウンド…

PLACE VENDOME「PLACE VENDOME」

元HELLOWEENのボーカリスト、マイケル・キスクが参加しているプロジェクトPLACE VENDOMEのアルバム。ミドルテンポのソフトなロックが中心だが、曲によってはハードなギターサウンドが聴けるのもあり、ジャンル的にはメロディアス・ハードと呼ばれるような範…

SAVAGE CIRCUS「Dreamland Manor」

BLIND GUARDIANの元ドラマーのトーマス・スタッシュが結成したバンドSAVAGE CIRCUSのデビューアルバム。BLIND GUARDIANの初期の頃のアルバム「Tales from the Twilight World」や「Somewhere Far Beyond」を思わせる、メロディアスで疾走感あふれる即効性の…

GAMMA RAY「MAJESTIC」

ジャーマンメタルの始祖とも言うべきカイ・ハンセン率いるGAMMA RAYの4年ぶりの新作。 GAMMA RAYならではのギターサウンドやメロディ、疾走感は残しながらも、ワンパターンにならないように色んなアイデアを詰め込んだ意欲作といった印象。これを曲が多彩な…

CHILDREN OF BODOM「ARE YOU DEAD YET?」

フィンランドのメタルバンドCHILDREN OF BODOMの最新アルバム。体に直接響くような強烈に重くて荒々しいサウンドに圧倒される。前作の「HATE CREW OF DEATHROLL」では、デスメタルの強烈なアグレッシブさと、歌ってるデス声と叙情的なキーボードの美しさの同…

BON JOVI「HAVE A NICE DAY」

BON JOVIの最新アルバムの発売日は9/14なのだが、HMVで発売日1日前に売ってたので、さっそく買って聴いてみた。 メロディアスで爽やかなロックが満載で、曲も粒ぞろい。歌詞の魅力が曲の魅力にもつながっているところも素晴らしい。ポジティブなメッセージ色…

ANTHEM「ANTHEM PROLOGUE LIVE BOXX」

デビュー20周年のANTHEMが1stから3rdまでのアルバムを演奏したライブ「PROLOGUE LIVE」を収録した3枚組みのライブCD。限定5000セットで、全部のケースにシリアルナンバーが入っている。ちなみに私のは4190。まさにファンのための限定アイテム。インナーには…

STRATOVARIUS「STRATOVARIUS」

バンドの中心人物の精神的な病にメンバー3人の脱退と、危機的な状態から元のメンバーが終結して再スタートしたSTRATOVARIUSの新作「STRATOVARIUS」を買ってきました。バンド名を持ってきたあたり、再スタートの意味合いが強いのだろう。 聴いた感想を一言で…

TERRA NOVA「ESCAPE」

'99年に一度解散してから6年ぶりに復活した、オランダのメロディアス・ロック・バンドTERRA NOVAの復活作「ESCAPE」を聴いた。これがまた、メロディアスで素晴らしいロックを聴かせてくれる。 最初の"LONG LIVE ROCK 'N' ROLL"は爽快なアップテンポ・チュー…

NIGHTSCAPE「Symphony of the Night」

スウェーデンのメロディック・パワー・メタル・バンドNIGHTSCAPEのデビュー作。メンバーは18歳から20歳と若い割には、質の高い曲と演奏なので、これからが期待できそう。 サウンド的には、オペラのようなコーラスと、ツインギターとキーボードによるシンフォ…

ZENO「ZENOLOGY」

「ZENOLOGY II」発売と同時にリマスター盤の出た「ZENOLOGY」を聴いた。こちらも未発表曲集なので、アルバムとしてのまとまりにやや欠けるが、メロディが魅力的な曲ばかり。 最初の曲は"HEAT OF EMOTION"だが、FAIR WARNINGが歌った曲とアレンジがほとんど一…

MEGADETH「狂気の歴史〜グレイテスト・ヒッツ」

MEGADETHのアルバムは「RUST IN PEACE」「CRYPTIC WRITING」「THE SYSTEM FAILED」の3枚しか持ってないので、MEGADETHの名曲が一気に聴けるベスト・アルバムを購入して聴いてみた。プログレがかったスリリングで切れ味鋭いギターリフに、恐ろしいほど邪悪な…

ZENO「ZENOLOGY II」

ジーノ・ロート率いるドイツのハードロック・バンドZENOの未発表曲集「ZENOLOGY II」を聴いた。 美しいメロディが魅力的で、かつハードなサウンドという、完成度の高いハードロックが聴ける。全11曲で約43分とちょっと短めなこともあるが、夢中になって聴い…

HELLOWEEN「Mrs.God」

10/31にニュー・アルバムを出すドイツのジャーマン・メタル・バンドHELLOWEENの先行シングルを聴いた。 正直言って、"Mrs. God"はシングルにするにはメロディがちょっと弱いという気が。色々サウンドを工夫してるのは感じられるが、曲自体の魅力がもうちょっ…

SHADOW GALLERY「ROOM V」

アメリカのプログレッシブ・メタル・バンドSHADOW GALLERYの最新作にて5枚目のアルバム。私としては、テクニカルなプレイより美しいメロディとコーラスがこのバンドの一番の魅力だと思っているのだけど、このアルバムでもそれが楽しめる。特に叙情的なメロデ…

TIMELESS MIRACLE「Into the Enchanted Chamber」

スウェーデンのメロデック・スピード・メタル・バンドTIMELESS MIRACLEのデビュー・アルバム。CD屋の視聴器で聞いてみて結構良さげだったので買ってみた。 スピードもパワーもあるし、叙情的なメロディも良いし、楽曲の質も良い。長い間活動していたバンドみ…

ROYAL HUNT「PAPER BLOOD」

キーボード・プレイヤーのアンドレ・アンダーセンを中心としたバンドROYAL HUNTの新作「PAPER BLOOD」を聴きました。 ドラマティックな展開と緻密でメロディアスなサウンド、ここ数作はコンセプトを持ったアルバムが中心ということで、知的で洗練された印象…

DREAM THEATER「OCTAVARIUM」

音楽性の高さを誇るプログレッシブ・メタル・バンドDREAM THEATERの最新アルバム「OCTAVARIUM」を聴きました。前2作より、聴きやすくなったという印象。音楽的な知識のほとんどない私には、なんか凄いことやってみたいだけど、よく分からないという感想を持…

JUDAS PRIEST「SAD WINGS OF DESTINY」

JUDAS PRIESTのライブで感動したので、今まで聞いたことのなかった過去の作品を聴いてみよう、ということで何枚か買いました。今日はそのうちの一枚。 1976年発表の作品。関係ないけど、私が生まれたのも同じ年(だからどうした)。JUDAS PRIESTの2ndアルバム…

GOTTHARD「Lipservice」

スイスの国民的人気ハード・ロック・バンドGOTTHARDの最新作「Lipservice」を聴いてみました。とにかく躍動感あふれる良質なハード・ロックで、リズムに合わせて一緒に体を動かしたくなる。私、こういうハード・ロック大好きです。割とコンパクトでキャッチ…

DARK MOOR「Beyond the Sea」

DARK MOORの新作「Beyond the Sea」を聴いた。インナーの解説を読んで、メンバーの脱退とかで大変だったのを初めて知ったのだけど、ドラマティックで叙情的なメロディのDARK MOOR節は健在。やはりDark Moorの音楽を支えているのは、ほとんどの曲を書いてるエ…

HAMMERFALL「CHAPTER V: UNBENT, UNBOWED, UNBROKEN」

スウェーデンのメタルバンドHAMMERFALLの5作目。このバンドの強みである勇壮かつ哀愁美あふれるメロディは残しつつ、よりパワフルでよりタイトなサウンドになっており、正統派メタルよりのサウンドで一層のレベルアップを図った意欲作と言った印象。どの曲も…

JUDAS PRIEST「ANGEL OF RETRIBUTION」

黄金期のボーカル、ロブ・ハルフォードが復帰しての初めてのアルバム。DEFENDERS OF FAITHやPAINKILLERの頃のサウンドを思わせる、JUDAS PRIEST本来の姿に戻ったという印象。そういう意味ではインパクトは強くないのだけど、JUDAS PRIESTでしか聴けないサウ…

KAMELOT「THE BLACK HALO」

アメリカ出身ながらヨーロピアン志向のメタルを効かせてくれるKAMELOTの最新アルバム。EPICAから続いたコンセプトの締めくくりにふさわしい、ドラマティックなコンセプトアルバム。最初から最後まで一気に聴かせます。 へビィなMARCH OF MEPHISTOで物語の世…